矯正歯科で適した治療を受けるために正確な検査を行なう

初診の場合

歯科

巣鴨で初めての歯科医院に通う場合、この医院ではどのような流れで診察を受けるのか分からずに不安に思う人も多いです。巣鴨の歯科に行かないといけないと分かりながらも、なんとなく怖い印象を持っている人や歯の状態が悪くて医師から怒られないかと心配して足が遠のく人もいますが、巣鴨では初めての人でも丁寧に対応してもらえる歯科が多くあるので心配せずに診察に行きましょう。診察を受けるにはまずその歯科の会員証を作りますが、初めての場合は保険証を持っていく必要があります。保険証を持っていない場合は診察が受けられないので忘れずに持って行くことが大切です。診察を受けるときに何が必要なのか不安に思うなら、巣鴨で事前に歯科に電話をして確認することができます。初診の場合は保険証の提示の他に名前や住所などの必要事項を記入する必要があります。その情報を登録して会員証を作ることで予約をスムーズに行えるようになるのです。会員証を作った後には症状を詳しく問診票へ記入して行きます。どの部分の歯が気になっているのかの他にも、噛み合せが悪いということなど不安に思うことがある場合はなんでも記入することが大切です。文章で表現するのが苦手だという人や、具体的にどの部分だと言えばいいのか分からないという人でも、問診票はいくつかの選択肢を選ぶような作りになっているので簡単に記入することができます。その問診票を元に医師によって問診を行ないますが、ときにはレントゲン写真を撮ることもあります。虫歯や歯周病といった具体的な原因が自分で分かっていない場合でも、自覚症状を元に検査を行ない何が原因で症状が起きているのか突き止めることが可能です。